大阪府・奈良県エリアでおすすめの注文住宅業者(工務店・ハウスメーカー)をランキングで紹介!

株式会社kicoriの画像

大阪市にある株式会社kicori(キコリ)は2011年創立、「家造りをもっと楽しく」をモットーに、自然素材にこだわった注文住宅を手がける工務店です。

打ち合わせや建てている最中から「家造りって楽しい」と思えるようにライフスタイルや好みなどを徹底的にヒアリングを行い、住み始めて月々の支払いが始まっても「住んで、より楽しい」と思えるよう低予算で家造りができるように日々取り組んでいます。

従業員数は9名と小さな会社ですが、大阪府内だけではなく、奈良県や兵庫県など近畿エリアに広く対応しています。

kicoriの口コミを見てみると、誠実に対応してくれた、話が弾んだ、的確な提案をしてくれた、など担当者について評価するコメントが目立ちました。

ほかにも、「良いことばかり言ってくる大手ハウスメーカーとは違い、鉄筋のメリット・デメリット、木造のメリット・デメリットをちゃんと教えてくれた」、「引っ越し後も、困ったことがあれば迅速に駆けつけてくれた」、「用地転用の手続きや家具選びのアドバイスまでしてくれた」などのコメントも見受けられました。

kicoriを知ったきっかけとしては、兄弟や上司など身近な人からの紹介という方も多く、工務店として信頼度の高さが伺えます。実際にkicoriで注文住宅を建てた方の多くは、「もっとこうしておけばよかった」というような不満や後悔を感じている方は少なく、訪れた友達から「すごい」「綺麗」「こんな素敵な間取りは見たことがない」と褒められたとか、かかった費用を聞いて驚かれたという方もたくさんいるようです。

kicoriではフェイスブック、インスタグラム、ブログも運営しており、情報を発信しています。特にインスタグラムでは建築実例の写真も見やすいので、気になる方は一度覗いてみてはいかがでしょうか。

家づくりのこだわり

○プラン
kicoriのプランは2つあります。まずは「kicori simple」。こちらは長期優良住宅仕様で、kicoriのベースプランとなっています。広さは30坪から、建物本体価格は1坪48万8,000円からです。

もうひとつは、「kicori plus」です。こちらは内断熱と外断熱のW断熱仕様で、北海道の断熱基準をクリアした、夏は涼しく冬は暖かい作りになっています。広さは30坪から、建物本体価格は1坪60万8,000円からです。

○性能
kicoriの家は、「耐震等級(損傷・倒壊防止)」、「耐風等級」、「劣化対策等級」、「維持管理対策等級」、「省エネルギー環境」、「ホルムアルデヒド発散等級」の7項目で、建築基準法や国の定める長期優良住宅の基準を大きく上回る、最高等級に対応可能です。

○構造
従来の木造軸組工法(在来工法)は強度が弱く、職人によって品質にムラがあるなどの欠点がありました。そこでkicoriでは、柱と梁が接合する全ての部分を金物でガッチリと固定するメタルジョイント工法(MJ工法)を採用し、安定した強度を実現しています。また、床に関しても、一般在来工法に比べて3倍の強度の剛床構造を採用しています。

○保証
引渡しの際には、日本住宅保証検査機構による保険付き保証書のほか、kicori独自の保証書を発行しています。構造耐力上主要な部分や雨水の侵入を防止する部分に対して、10年間の保証が付きます。

○地盤と基礎
当たり前のことですが、建築前には徹底した地盤調査を行います。また、頑強なベタ基礎を採用し、状態に応じて、表層改良工法・柱状改良工法・鋼管杭打設工法のいずれかで地盤を強化します。ベタ基礎にはシロアリや地面からの水蒸気を防ぐ効果もあります。

○湿気対策
木は伐採されたあとも呼吸し続けます。腐朽さえしなければ、200年かけて強くなり、その後600年以上強度が落ちることはないと言われます。そんな木の特性を活かすためにも、床には基礎全周換気工法、壁には通気工法で結露を防止します。

○構造材
反りや割れが発生しやすく強度にムラがある無垢材ではなく、25~50mmの木材を貼り合わせた集成材を採用することで、耐火性や耐久性を高めています。また、木には抗菌・殺菌作用や疲労軽減、目に優しいなどの人の身体にとって良い効果もあります。

「Skogのいえ」

kicoriでは独自のプランのほか、北海道の工務店、株式会社キムラのナチュラル系提案住宅「Skog(スコーグ)のいえ」の加盟店にもなっています。

「Skog」とはスウェーデン語で「森」という意味です。森の温もりに包まれるような自然素材をふんだんに取り入れた「Skogのいえ」は、女性たちのアイデアから生まれた提案住宅です。女性が思わず「かわいい」と言ってしまうような空間デザインのほか、家事動線や教育動線を考えた間取りになっています。

「Skogのいえ」はまず、すみずみまでこだわった「Choumilleーシュミールー」と自分らしさをプラスした「Kotiーコティー」という2つのブランドから好きな方を選びます。次に、南仏の田舎町のような「プロヴァンス」と都会的で上品な「イル・ド・フランス」という2つのデザインから好きな方を選びます。

「Skogのいえ」は提案住宅なので注文住宅よりは自由度が低いですが、建売住宅よりは希望を反映することができます。自然素材にこだわった女性目線の家に興味のある方は、ぜひ「Skogのいえ」のホームページ(https://skogno-ie.jp/)もチェックしてみてくださいね。

実例を見られる場が少ない

工務店選びをするとなったら、実際に建築実例を見て決める方が多いと思います。住宅展示場に出店している大手ハウスメーカーならばいつでも見学することができますが、展示場を持たない工務店では、完成見学会などに参加しなければなりません。

kicoriの過去の完成見学会情報を見ると、2017年4月・6月・12月、2018年2月・10月となっており、一番長い期間では8ヶ月間も開催されていないことになります。その理由は定かではありませんが、2011年から2017年までの実績を見ると、新築戸建が78件、集合住宅が2件、リフォームが220件となっており、新築よりもリフォームの依頼の方が多いからかもしれません。

また、過去にはモデルハウスもあったようですが、現在は売却されてしまっており、今後新しいモデルハウスが建てられるという情報は確認できませんでした。

自分の都合のいいタイミングで建築実例を見ることができないのは不便ですよね。せっかく質の高い家を作っている工務店なのに、そのような理由で工務店選びの候補から外れてしまっては非常に残念だなと感じます。今後の成長に期待し、完成見学会が定期的に開催されるようになることを願うばかりです。

補足になりますが、世界の建材やバス・キッチン、エクステリアなどの総合展示場「大阪南港 ATC輸入住宅促進センター(IHPC)」内の「新築&リノベーション」エリアに、kicoriが出展しています。全7エリアに合計100社が出展している大規模な展示場であり、入場無料で自由に見学できるので、これから注文住宅を建てたいと考えている方やリフォームを考えている方は、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

【大阪南港 ATC輸入住宅促進センター(IHPC)】
住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2-1-10 ATCビルITM棟9F
TEL:06-6615-5432
営業時間:10時~18時(水曜定休、夏期・年末年始休館)

サイト内検索
注文住宅コラム