奈良県エリアでおすすめの注文住宅業者(工務店・ハウスメーカー)をランキングで紹介!

株式会社イムラの画像

株式会社イムラは地元の素材で地元の職人が家づくりをおこなうことを大事にしている会社で、良質な吉野杉を使用した健康住宅を提案しています。

奈良という歴史ある土地で遥か昔から培われてきた伝統技術を駆使して、地元の気候風土に詳しい職人さんが家を建ててくれますから、安心してお任せできるのではないでしょうか。

その実力と安全性は2015年~2017年のグッドデザイン賞連続受賞、キッズデザイン受賞という実績からも窺い知ることができるでしょう。

そして株式会社イムラとしても、その技術力には相当の自信があるようで一般の方向けに構造見学会や建設中の住宅の見学ツアーまでおこなっているようです。通常、完成した注文住宅の見学会が用意されていることは多いですが、建設途中の姿を見せてもらえることは非常に珍しいです。契約して、自分の家を建てることになって初めて、その工務店の実力を知るといったこともしばしばでしょう。

その点、株式会社イムラの場合は事前に用意されたイベントでチェックできるのが嬉しいですね。

また住宅は外見や間取りに目が行きがちですが、その工務店が基礎部分や柱、梁などの構造にどのような工夫やこだわりを持っているのかということは大事な部分です。

株式会社イムラの構造見学会では、独自の技術である「シーズンブレス工法」や断熱材を見ることができます。

そして、見学ツアーでは家づくりのポイントが分かるだけでなく、実際に株式会社イムラで家を建てた先輩オーナーから話を聞くこともできるというメリットもあるようです。やはり生の声からは資料ではわからない、有益な情報が得られるでしょう。

耐震構造や性能、自然素材、保証などにも注目して見学をしてみてくださいね。注文住宅を建てる際には、外見だけでなく隠れている中身も重視して工務店を選びましょう。

さらに株式会社イムラでは本社や支店、自社工場全て奈良エリアにあるのも良いポイントですね。スタッフや職人さんが現場まで移動しやすく、スムーズに工事が進みそうです。

実際にどのような住宅が完成しているのか実物が見てみたいという方は、モデルハウスもチェックしてみると良いでしょう。奈良には平城山・登美が丘・橿原の計3ヶ所にモデルハウスがありますのでHPから、ご自身の理想に近い注文住宅を選んで問い合わせをしてみてください。

奈良県川上村産吉野杉の品質が素晴らしい

株式会社イムラがつくる注文住宅の最大の特徴はなんといっても、地元である奈良県の宝「川上村産吉野杉」という自然素材を惜しみなく使用していることでしょう。この吉野杉は他の自然素材とは異なる固有の魅力を持っており、最高級品として扱われています。

具体的には、「節が少なく美しいこと」「木がまっすぐに成長していて使いやすいこと」「酒樽の香りづけに使われるほど良い匂いであること」などが挙げられます。これは奈良県の自然豊かな環境で大事に育てられたからこそ、現れている魅力だと言えるでしょう。育てた方々の努力の結晶である良質な木材を、ふんだんに使ってもらえるなんて贅沢で嬉しくなりますね。

また株式会社イムラでは、「吉野杉が優れているから」という理由で使用しているだけでなく、地元の環境を守るためにも吉野杉の注文住宅にこだわっているようです。これは地元である奈良の木材を使い続ければ、山林に需要があることになりますので「開発や人材の流出を抑えることができるから」だと考えられます。

結果的には、温室効果ガスなど地球全体の環境問題や地域の活性化にも繋がる動きですから、将来何百年先のことまで考えた素晴らしい取り組みだと言えますね。

家づくりへのこだわりと個人に合った間取り設計

では、実際に吉野杉を使用した株式会社イムラの注文住宅にはどのようなこだわりがあるのでしょうか。解説していきたいと思います。

まず一つ目は、「自然素材のぬくもりと良い香りに包まれる床板」です。素材を殺さないように、天然塗料で仕上げていることが特徴で吉野杉の豊かな香りが周囲にやさしく広がります。木材幅も考え抜かれた18センチで空間を大きく感じる仕様になっているようですね。

二つ目は、「年輪の幅が密であるがゆえに構造体の強度が高いこと」です。前述した通り、奈良の吉野杉は節が少なく直線的に成長させています。もちろん見た目にも美しく、家づくりに適した木材に仕上がっていることは皆さんお分かりでしょう。

しかしそれに加えて、木の内部の年輪が密になっているため、柱や梁などの特に強度が必要な構造体にもぴったりの仕様になっているのは素晴らしいですね。さらに、強度・含水率を奈良県の出荷基準を超えているかどうかのチェックもしていますから安心できるでしょう。

話は少し変わりますが、各家庭に合った間取りを提案してもらえるという点にも注目しておきたいところです。株式会社イムラの設計士は、立地の周辺環境や日射量、風向きなどにも配慮して設計計画をおこなってくれます。また、生活スタイルを詳しくヒアリングするシートを利用して、依頼者が望んでいる内容を正しく汲み取る工夫をしているようです。

家づくりにおいて、この点を疎かにしてしまうと希望の注文住宅とは、ずれたものが完成してしまうでしょう。シートには項目別に記入する欄が設けられていますから、口頭で伝えることや長い文章を書くのは苦手という方にも嬉しいですね。

また公式HPでは実際のプラン設計図やシート、プレゼン資料なども公開されていますから参考にしてみましょう。

技術力が高い経験豊富な職人がそろっている

快適な家づくりをするためには、良い素材の他に「良い作り手」が必要不可欠です。株式会社イムラには大工や左官職人、建具職人まで一流の人材がそろっていますから期待できそうですね。

元々奈良県は昔からの伝統ある建築物も多く残っており、技術を持った大工職人が多い地域です。株式会社イムラでは50人ほどの地元大工を抱え、その力を注文住宅の建設に役立てています。

また、その伝統技術を廃れさせないために、若い世代の育成にも力を入れているようです。自社工場ではベテラン大工が6年間かけて、新人を一人前の大工に育てるプログラムをおこなっています。このプログラムが未来の棟梁を育て、株式会社イムラの家づくりをこれからも支えていくというわけですね。

そして、大工以外に左官職人や建具職人も株式会社イムラの注文住宅を完成させる上で重要な役割を担っていると言えるでしょう。

まず株式会社イムラの注文住宅の特徴として、珪藻土の塗り壁を使用することにより室内の湿度を調節する仕組みを採用しているという点があります。これを実現するためには、優秀な左官職人が居なければなりません。

左官というのは、現代一般的な住宅に使用されているクロス壁とは違い、シートを貼り付けるのではなく珪藻土などの土材を「こて」で塗りつけるため高い技術が求められます。また、塗り方次第では多様な模様をつけることもでき、ワンランク上の空間を演出するのに最適という理由もあり、株式会社イムラではこの技術を重宝しているのです。

次に建具に関してですが、「吉野杉の家」では大量生産品ではなく職人が一つ一つ丁寧に作り上げた価値の高いものを、良心的な値段で提供しています。これも株式会社イムラが、高度な仕事ができる建具職人を集めているからこそ実現できているサービスと言えるでしょう。

会社情報

・会社名:株式会社イムラ

・住所:【奈良本社】奈良県奈良市三条大路3丁目2番7-1号

・電話番号:0120-59-5510

・営業時間:不明

・定休日:不明

サイト内検索
注文住宅コラム