大阪府・奈良県エリアでおすすめの注文住宅業者(工務店・ハウスメーカー)をランキングで紹介!

注文住宅を中古で買う際の注意点とは?

マイホームの購入は長い人生の間でも最大級の買い物という人が大半であり、慎重になるのは当然のことと言えます。

一口にマイホームといっても、新築もあれば中古もあり金銭面の都合や立地などよく考えて選ぶことになります。

選択肢の中には注文住宅の中古物件も存在しています。

そのまま住むのではなくリフォームを考えるケースも多いですが、その際にも注意が必要になってきます。

後悔しないためにも良く考え、本当に後悔しないのか注意点も踏まえておくようにするべきです。

 

リフォームを考えている場合の注意点

購入した状態からより良い住み心地を求めてリフォームをしようと考える人はかなり多く、近年ではあえて古い物件をリーズナブルに購入してリフォームにより理想の住まいを手にする人も増えています。

新築を購入するよりもトータルコストを抑えることができたり、良い立地にある物件を利用できるなど様々な魅力があります。

しかしリフォームを目的としている場合には、より慎重に選ばなくてはならないということは頭に置いておくようにしましょう。

物件の間取りや使われている素材、施工方法などによってはイメージしているリフォームが不可能となってしまう可能性も高いからです。

昔からある木造在来工法で建てられているとなれば、比較的リフォームもしやすいですが、昔ながらの木造以外の工法で建てる住宅メーカーの独自な施工の物件の場合にはリフォームができないケースもあります。

それ以外にも、リフォームはできても同じ会社に依頼することが条件となってしまっていて、選択肢がないということも珍しくはありません。

リフォームに関して縛りがないのか、事前にしっかりとチェックしておく必要があります。

特に注文住宅となれば以前の人のこだわりが強く反映されており、独特の造りとなっていることが多く、一般的には勝手が悪いと感じることも珍しくはありません。

そうなればリフォームは必須であり行えない物件を選んでしまうと後悔するので注意しましょう。

 

リーズナブルな場合の注意点とは

中古住宅は借り入れ申し込み日から建築年数が二年を超えている住宅か、既に人が住んだ住宅ということであり、物件による状態の違いはかなり大きいということは間違いありません。

古くてリフォームが必須になるというイメージを持つ人もいますが、築年数によっては新築物件よりも安くていい物件が発見できる可能性も秘めています。

一般的な物件でもほぼ新築と変わらないような綺麗な状態となれば、なぜかという疑問が湧くのではないでしょうか。

購入したにも関わらず様方ができなくなる理由は人により様々ですが、あまりに綺麗となれば理由を疑う必要もあります。

特に注文して自分の理想が詰まったマイホームとなれば、そう簡単に手放そうとは思わないのが一般的ではないでしょうか。

まだ新しく綺麗な状態にも関わらずリーズナブルとなれば、理由は何かを探ってみることも忘れないようにしましょう。

 

仲介業者選びも重要なポイントとなる

一般的な物件でも仲介業者の良し悪しはかなり重要であり、仲介料をはじめ異なる点は多岐に渡ります。

特に注文住宅となれば、以前住んでいた人のこだわりが詰まっており、住んでみないとわからない点があったというケースも珍しくはありません。

仲介業者がいかに物件のことを詳しく理解し把握しているのかということが、重要なポイントとなってくることは確かです。

中には仲介手数料がゼロ円というのを謳い文句にしている業者もあり、近年では増えつつあります。

お得と考えてしまいがちですが、その他の名目で必要となる出費が多い場合もあるので気をつけなくてはなりません。

中古の注文住宅の購入を考える場合には、仲介業者の良し悪しはよりしっかりと比較しなければならず複数に相談し、信頼できる業者を選ぶことが大切になります。

 

マイホームの購入は人生においてかなり大きな買い物となることは確かであり、簡単に決めるべきではありません。

金銭面の負担を軽減させるためだったり、より良い立地で中古物件が建っている場所など、様々な理由から新築ではないものを選ぶ人もいるのではないでしょうか。

注文住宅となれば以前の人のこだわりが満載であり、一般的には若干住みにくさを感じる部分も出てくる恐れもあります。

リフォームを考える場合には、イメージしている通りに手を加えることができるのかあらかじめチェックしておくことが大切です。

サイト内検索
注文住宅コラム