大阪府・奈良県エリアでおすすめの注文住宅業者(工務店・ハウスメーカー)をランキングで紹介!

注文住宅を建てるための貯金の目安は?

注文住宅などの一戸建ては2500万円から4000万円ぐらいは必要なので、住宅ローンの返済期間を短くしたり、毎月の負担を減らすためには十分な頭金を貯めておく必要があります。若い年代の人は200万円から300万円、30代以降の場合は500万円前後を準備しておくと、金融機関の信頼も厚いので住宅ローンの審査に受かりやすくなります。

毎月の返済額は年収の25パーセント以内に抑えておくと、無理なく支払いができます。預金をすべて頭金にせずに、自動車の購入費用や半年分ぐらいの生活費は残しておきましょう。

十分な金額の頭金を準備しておきたい

お子様や配偶者などの家族と快適な生活を送るために、注文住宅を建てたいという人も多いでしょう。住宅は一生の買い物の中でも一番高額である場合が多く、ほとんどの人は住宅ローンを組まないと購入はできません。家族構成やライフスタイルによって多少の違いがありますが、2500万円から4000万円ぐらいは必要です。

住宅ローンを組む時は一定の審査基準を満たしている必要がありますが、頭金を十分に用意しておくことで、返済期間を短くすることが出来ます。若い年代の人は30代、40代の人に比べると収入が低いですが、200万円から300万円ぐらいの貯金を貯めておくと良いでしょう。貯金を全額頭金にしてしまうと、病気や怪我などで療養が必要になった時や、自動車を購入する時に生活費が足りなくなります。自動車の購入費用や半年分ぐらいの生活費は残しておくことが大事です。30代、40代ぐらいの人は収入が安定している人が多いので、500万円前後準備しておくと安心です。住宅ローンは信用金庫や銀行、JAなどで申し込む人が多いですが、安定して継続した収入があり、頭金が十分にある人は審査に通りやすいです。

ローンの返済期間を短くできます

注文住宅を建てる場合、家のデザインやコストを抑えることだけでなく、人体に優しい屋根材や床材、壁材、外壁などを使用した住宅を建てる必要があります。体のデリケートなお子様や高齢者のおられるご家庭では、シックハウスやアレルギーが起こりにくい安全な住宅を建てる必要があります。

20代の若い人は2500万円前後の家を建てる人が多いですが、30代以降の場合は3000万円から4000万円ぐらいの家を建てる人が多いです。住宅ローンは25年から35年ぐらいの長い期間なので、その間に収入が一時的に減少したり、お子様が進学や結婚をしたりなどまとまったお金が必要になることもあるということを頭に入れておきましょう。若いうちから計画的に十分な金額の頭金を貯めておくことで、毎月のローンの負担を減らすことができます。毎月の返済額は年収の25パーセント以下にしておくと、無理なく支払いをしていけます。

住宅を建てる時は、地域に密着しており、独自のルートで仕入れを行っているハウスメーカーや工務店がお勧めです。信頼できる専門業者を選ぶと、人体に優しい木材や壁材を使用しており、安全性の高い住宅を建ててくれます。

300万円から500万円は準備しておきたい

現代は地震や台風、大雨、大雪などの自然災害が増えているので、住宅を建てる時は耐震性や耐火性、耐久性などが優れている住宅を建てる必要があります。災害時でも安心して暮らせるように、安全性の高い工法で施工を行っているハウスメーカーや工務店に依頼しましょう。家族構成や家の広さによって購入する住宅の金額も違ってきますが、大切な命や財産を守るためには、丈夫で長持ちする家を建てる必要があります。

300万円から500万円ぐらいの頭金を準備しておくとローンの返済期間を短くすることができるので、日ごろから計画的にお金を貯めておくことが大事です。日常生活をしていると急な出費でお金が必要になることも多く、なかなかお金が貯まらないので悩んでいる人が多いですが、銀行やゆうちょなどで積み立て預金をしておくと、計画的にお金を貯めることが出来ます。毎月貯金をする習慣を付けることで、まとまった資金を作ることができます。地元で評判の高いハウスメーカーや工務店を利用すると、広告宣伝費などのコストを削減しているので、費用を抑えた施工が可能になっています。住宅を購入するのは一生の何度もあることではないので、納得が行くまで打ち合わせをしましょう。

サイト内検索
大阪・奈良エリア注文住宅業者ランキング
株式会社ハウ・ツゥ・ライブ
一条工務店
スタイルハウス(谷上工務店)
アイ工務店
楓工務店
注文住宅コラム
注文住宅業者情報(その他)