大阪府・奈良県エリアでおすすめの注文住宅業者(工務店・ハウスメーカー)をランキングで紹介!

ペットも住みやすい注文住宅を建てよう

注文住宅を建てる局面で、ペットが住み易くなることを考慮した場合様々な注意すべき点があります。

あらためていうまでもなく室内飼いが通例ですので、生活動線に対して気配りした間取り、あるいは設備も必要になります。

それに加えてオーナーも動物も住み易く個々の特性を加味したポイントを考慮にいれることが重要になります。

ペットと生活したい人間が検討すべき要点

たとえペットと生活したくとも、集合住宅においては規約などから飼育するのが難しいケースも少なくありません。

ここで注文住宅を建築するなら、住居者の裁量によって間取りもしくは設備を自分自身で決定することができるため、動物と人間とが快適に過ごすことができる空間を作ってあげたいと考えている人もいることでしょう。

なにしろ毎日のように付き合っていくわけですから、オーナーも動物も両者が納得がいくスペース作りに取り組みたいところです。

動物が生活しやすい周辺環境作りの一つの考え方として、運動可能なところも入手したいとしたら、動作のスタイルに合わせて動線を巧みに作るのが大切になります。

とりわけ、人間との関わりで便の悪い点がないか、動線に関してあらかじめシミュレーションをしておくと効果があります。

たとえば見るべきポイントのひとつとして、散歩もしくはお出かけで室外へ出るとき室内に戻るとき等があります。

さらにオーナーが在宅と不在の際の過ごし方を考慮すると、ユーザビリティの高いスペース作りができます。

同居する際に必要とされる機能とは

ペットと一緒に住むには、住居内の室内スペースのフォローをないがしろにできません。

たとえば爪に因るフローリングのダメージを気にしているなら、コーティングなどを推奨しますし、加えてスリップしすぎて移動し難いケースを考慮してマットをセッティングするなどの気遣いも必要になります。

さらに、抜け毛はあまり見えなくても、実際には四方に飛んでいるケースもありますので入念なクリーニングを考えましょう

近頃では自走仕様の掃除ロボットが効果的ですので、有効に活用することになれば実用的といえますが、一方で作動音が気掛かりな動物もいますので、留意しておきたいところです。

また、呼吸器系統にトラブルがある人がいるなら空気清浄機を含めて利用すれば重宝します。

トイレについてはニオイに有効な対策も大事になってくるので、食事やくつろぐところとは離れたスペースにセッティングしたり、消臭ツールを組み合わせる設計にしたりすると賢明でしょう。

注文住宅だから可能な配慮した間取り及び設備が必要

オーナーが自宅にいるときはペットを散歩に連れて行く場合もあると思われますが、そのように室外へ連れ出すシーンで合理的に用意できるような取り組みがなされていると利便性が高いといえます。

可能なら、動物に特化した玄関を準備し、ゴミ処理もしくは足洗いが可能なスペースがあれば良いでしょう。

他にも散歩に必須のグッズについても玄関先で一切合切取り揃えられる間取りとしたいところです。

散歩に関しては毎日行うことなので、散歩に向かうときや帰ってきたときに一通りの用意ならびに片付けの作業が合理的にできていることが重要だといえます。

一方、室内飼いのペットの場合は運動不足が発生しやすくなるので、対応策のひとつの例としてネコならキャットタワーの設置を行ったり、室内を回れるキャットウォークを用意するなどして上と下の動きを可能にさせます。

犬なら屋上階にドッグガーデンのように思うままに走れるゾーンを作って上げることが大切です。

何を置いても動物自体が住み易い周辺環境を整えるのは、オーナーの責任でもありますから、きちんと掘り下げておきたいところです。

 

以前までは屋外の犬小屋を介して生活していた犬も、あるいは出入りが自由であった猫も、いまではファミリーの一員という形で室内飼育が中心になっています。

しかしながら今現在の一般的な住宅ではペットの室内での飼育をイメージして造られていないことから、臭い、あるいは床の滑り等、人間にもペットにも身体にとって悪影響を及ぼすストレスが生じる多種多様な不具合が存在しています。

そのため、ペットと居心地よく日々を過ごすための注文住宅に対しての関心が高まっています。

ペットと一緒になって住みたいオーナーが、注文住宅を建てるなら、動物及び人間の両者が一緒になって心地の良い周辺環境になるよう十分配慮することが必要不可欠になります。

犬であれ猫であれ。室内飼いがメインとなっている近頃では、居住のための空間で配慮しなければいけないキーポイントが複数あります。

ペットが住み易くなるためには運動不足の解消抜け毛に効果的な対策などの他、消臭に有効な対策など間取りもしくは設備に対して創意工夫を加えることが求められます。

とりわけ住宅の中で運動することができる必要な設備をセッティングできると望ましいといえるでしょう。

サイト内検索
注文住宅コラム