大阪府・奈良県エリアでおすすめの注文住宅業者(工務店・ハウスメーカー)をランキングで紹介!

頭金なしでも注文住宅を購入可能?

現在、注文住宅の頭金の相場に関しては建築費のおおむね20パーセントです。

注文住宅を建築するには必ず頭金が必要であると考えている人は少なくありませんが、 あらためていうまでもなく資金が多くあるメリットはさまざまに存在します。

しかしながら、頭金なしのケースでも建築することが不可能ではありません。

資金なしでも建築可能だが返済計画が厳しくなる

現実の上で頭金なし、あるいは100万円以内で注文住宅を買い求めて住宅のためのローンを返している人は数多く存在します。

ただし、それは誰でもできるということではなく、自動車などの異なるローンを弁済中ではないこと過去において返済が滞ったといった事実がないことが必須条件になります。

こうした必要な条件が守られていないというようなケースでは、資金なしでの住宅のためのローンは相当厳しくなります。

しかしながら、当たり前のこととして同じ販売価格の住宅を購入したというようなケースで、資金がない分だけ返済スケジュールが厳しくなります。

注文住宅に関しては資金なしで建てられるものの、資金がある人と比較して返済そのものが大変なことになるということは頭に入れておく必要があります。

想定外のことに対処できないデメリット

注文住宅の頭金の相場に関しては合計金額の2割くらいですが、実際のところ頭金を支払わなくとも建築することは困難ではありません。

しかしながらすぐにでも家を建てようと即決するのはリスクがあると言わざるをえません。

まず第一に、不測の状況に対処できないことがあげられます。

住宅そのものの資産価値は基本的にはおおむね20年であり、例えば35年ローンを設定したとしたら返している途中に家そのものの資産価値はゼロと化してしまいます

返済プラン通りにトラブルなく進んでいるうちは差し支えありませんが、万が一にもリストラに遭遇したり、仕事の変更に失敗したり、ほかにはアクシデントや怪我などでメインの収入が減った場合、直ぐ身動きが取れなくなる危険性があります。

ローン返済が不可能になれば家屋を譲渡してしまえばいいと考えるかもしれませんが、家屋を売却してしまえば暮らす場所がなくなります

ほかにも、時と場合によってはローンのみが残ってしまうこともあることから、これに関しては前金ゼロによるとても大きなマイナス面であると言えます。

月の返済額やグレード並びに家財道具購入のデメリット

先述した通り、前金を払っている人と比べると払っていない人の方が月ごとの返済額は確実に高くなってしまいます。

子供がまだ小さいケースであればそれほど気にならないかも知れないのですが、一回り成長するにつれ教育のための資金の問題も発生することになります。

それに加えて、注文住宅を手に入れるということは固定資産税であるとか家屋のメンテナンスコストも生じるということを意味します。

現実的に弁済し続けられるのか否か実際的なシミュレーションをする前に勢いのみで住宅購入するのは少し危険です。

また、住居のグレードが自由自在に選択できないことも注意点としてあげられます。

高い返済額にも関係していることですが、考えているような家づくりをしようとすると必然的に高い値段になるものです。

しかしながら、前金が無い状態では思い切った借金を行なうことに二の足を踏んでしまう方も多いといえますし、返済することができなかったらどうしたらよいものかといった不安感を抱えた状態で家づくりを進行しても楽しくありません。

その結果、可能な限り費用を削減した住宅を選択するようにするなど、元来の家づくりの目的からずれてしまうこともあり得ます。

また、住宅そのものはローンを活用することで建築することができたとしても、新居においては家財道具を欠かすことができません。

現在において利用している家財道具を活用するとしても、寸法が合わないケースもあると思われるので、家づくりを推し進めるうちに最新の家財道具を手に入れたくなるという人も多いです。

折角だからと知らず知らずに財布の紐もゆるみ気味ですが、実際のところ家財道具の費用相場は100万円を超えるというデータがあります。

住宅を手にすることで、家財道具のように新たな形での出費が生じることも意識しておくことが重要です。

 

結論は頭金なしでも建築できることになりますが、現実的なところではさまざまなデメリットもあり、特に現在のように数十年先の予測がつかない状況では、35年のローンは相当な負担になる可能性があります。

それに加えて、住宅購入することで家財道具のコストや固定資産税など、ほかの出費も増えます。

ただし、頭金なしで手に入れるのが厳禁というわけではなく、各人各様の事情や状況は違うのでどうしても必要というケースもあることでしょう。

そういった時も、もう一度総計して入用はいくらくらいになるのか10年後の暮らしはどのようになっているのかなども意識した上でただちに入手するのか、頭金を貯めるのかを選定することが重要です。

サイト内検索
大阪・奈良エリア注文住宅業者ランキング
注文住宅コラム