大阪府・奈良県エリアでおすすめの注文住宅業者(工務店・ハウスメーカー)をランキングで紹介!

注文住宅を建てるための年収の目安は?

注文住宅を建てるための年収の目安は?

 

もし注文住宅を建てるなら、無理をしないことが大事です。
自分自身がどれくらいの年収なのか、そこに改めて注目しておきましょう。
自らの所得と照らし合わせて、奈良と大阪の優秀な業者とよく相談し、冷静に決めるようにしたいところです。

 

自らの所得に合わせた購入の仕方をする

大阪と奈良には、注文住宅を購入する際に、しっかりと相談に乗ってくれる、優秀なハウスメーカーが存在しています。
注文住宅を購入するときは、何といっても無理をせず、こちらの所得に合わせて住宅を建てることが重要となるでしょう。
どんなに立派な住宅にすることができても、その後の生活が苦しくなってしまっては意味がないです。
そうならないようにするためにも、自らの収入に合わせた住宅の建て方が、重要となります。
その辺のアドバイスに関しても、大阪と奈良の優秀なハウスメーカーなら、親身になって相談に乗ってくれるので、問題ないでしょう。

〇ある程度の収入がないと銀行はお金を貸してくれない
基本的に、そこまで収入のない人には、銀行はお金を貸してくれないです。
なので、最低でも年収600万円円程度は必要だといえます。
もちろん、これが中古の建売物件だったり、新築を建てるにしても注文住宅ではないと言う場合は、もう少し基準を下げても良いでしょう。
ただ、注文住宅で、なおかつ都内の一等地に立てるとなると、まだまだ多くの年収が求められます。
住宅を建築する規模、それから場所によって大きく変動するので、そこは頭の中に入れておきたいところです。
分不相応な住宅を建てる必要はどこにもないでしょう。
あくまでも自分にふさわしいものを建てて、人生を充実させることが大切です。

 

住宅ローンの組み方も非常に重要となる

また、こちらの年収に合わせた金額の注文住宅を建てることも大事ですが、依頼した後にどのように住宅ローンを組むべきなのか、そこも考えることが大切だと言えるでしょう。
基本的には、それなりに大きな頭金を入れた方が良いです。

〇頭金を入れることでの金利手数料が変わる
・頭金を入れておけば、その分支払い回数が減ることになり、結果として金利手数料がリーズナブルになります。
回数が増えれば増えるほど、当然ながら金利手数料が高くなる傾向にあるので、少しでも回数を減らす努力をしましょう。

・また、契約した金融機関によっても、金利手数料が大きく変動します。
金利手数料がリーズナブルだと言うことで有名な金融機関選びたいところですが、やはり銀行は少々審査が厳しいです。
かといって、消費者金融会社からお金を借りるとなると、高額な金利手数料が余っています。
ゆえに、こちらの年収がアップし、銀行からお金を借りられるようになるまでは、注文住宅に手を出さない考えが良いでしょう。

あくまでも検討すると言う話で、ハウスメーカーに声をかけ、定期的にモデルハウスなどをチェックするのがオススメです。
そうしているうちに、大阪と奈良の中でも、どこのハウスメーカーが特に提案力のある業者なのか、それが見えてくるようになります。
もちろんネット上の、ハウスメーカーを紹介する専門の比較サイトを利用しても良いでしょう。
年収をアップさせて、生活が安定するまでは、その期間を検討する期間と割り切って、ある程度お金を貯めておくことも大切です。

 

どうしても難しいなら建売物件に切り替える

また、これからの人生設計を考えて、どうしてもゼロから注文住宅を建てるのが難しいなら、中古の建売物件に目標を切り替えても良いでしょう。
これなら、もともと注文住宅だった物件でも、かなりリーズナブルな値段で手に入る可能性があります。
年代が古ければなおのこと、安い値段で購入できるはずです。
新しいところに住みたいと考えている人も、そこからリフォームをすれば良いだけの話なので、前向きに検討しておくと良いでしょう。

〇若いうちにローンを組む方が有利
・注文住宅は確かに高額なので、できるだけ若い年齢で購入した方が、住宅ローンを組むときに有利だといえます。
少なくとも、退職するまでに支払いが終わるのが理想的なので、その辺をしっかりと計算して選ぶことが大事です。

・もしくは、ハウスメーカーと今一度相談し、注文住宅の設計内容を変えると言うのも、効果的でしょう。
あまり欲張りすぎていろいろな機能を搭載してしまうと、もちろん注文住宅はその都度、高額な金額になります。
設計をお願いした場合、設計図を見せてもらい、要所要所を削ることによって改めてどのくらいの値段になるのか、教えてもらうべきです。
必要なものだけを残し、贅肉を削ぎ落としていくことで、現在の年収でも購入できるようになる可能性があります。
どちらにしても、素人の判断では難しい部分なので、考えるときは常にハウスメーカーの担当者を加えて、ミーティングを行うことが肝心だと言えるでしょう。

〇まとめ
注文住宅は、決して安い買い物ではなく、むしろ高い買い物となります。
自分の年収に合わせた物件を購入することが重要ですが、自由に設計できることを考えると、いくらでも贅肉を削ぎ落とす事は可能です。
建売物件に逃げても良いですが、場合によってはハウスメーカーの担当業者と相談し、値段を下げる作戦に出ても良いでしょう。