奈良県エリアでおすすめの注文住宅業者(工務店・ハウスメーカー)をランキングで紹介!

注文住宅の頭金はいくら必要?

公開日:2019/03/15  最終更新日:2019/02/08

人生の中で愛しい家族と暮らすマイホームを持つことは大きな夢の一つであり、お金もかかりますが理想を叶えることにもなります。

より家族や自分のニーズを形にするのであれば、注文住宅を選ぶことができますが、気になるのは最初に準備が必要な頭金の数字です。

 

マイホーム購入のために貯金をしておくのが賢いです

注文住宅の頭金はいくらくらい必要かですが、現代の平均としては500万円前後が目安です。

住宅購入の際に最初にあらかじめ現金での支払いが必要になりますので、自分の持っている貯金金額のことではありません。

憧れのマイホームを購入するために、いくらなら現金が購入時に出せるかの問題です。

なぜはじめにある程度まとまった現金を用意するかですが、そのお金を支払っておくことで住宅ローンの金額が減るためであり、全く最初に現金支払いをしていないと、あとからの支払いが大変になります。

マイホームをいつか購入しようと心に決めたら、そのために最初に支払う現金を貯金しておくことです。

できるだけ住宅ローンの借入金額を少なくすることができれば、後から毎月必ず支払いを続けることになる、住宅ローン返済金額は少なくなります。

ローンは借りた金額だけ返済をするわけではなく、プラスして高い利子が付いてくるのがネックです。

借り入れをしてから一体何年間で支払うのかにもよりますが、最初にできるだけ多く支払いをしておく方が、後から返済で困ることもありません。

逆に最初に支払いをゼロにして購入をしてしまうのは、返済金額が大きすぎて、もしもその後に収入が減ったりしたときに困ることになります。

 

費用はかかっても満足度は高いです

建売住宅購入やマンション購入と比べてみても、注文住宅はお金がかかりますし、頭金も多めに準備をする必要があります。

それでもすでに建築されている物件ではなく、オーダーで住宅を持ちたいと考える人は少なくありません。

人生の中でマイホームを持つ機会は、高い買い物だけにそう何回もあるわけではありません。

1回家を建てたらその後はリフォームをして住み続けるケースが大半です。

何回も家を建てるには相当のお金が必要ですし、建築をはじめてから完成までの時間も必要です。

家はすぐに出来上がるわけではなく、土台からしっかりとさせないといけませんので、ある程度の時間をかけなければなりません。

またその期間に、家族はほかに移り生活をすることになるので、建設が終わるまでの間の住まいも確保をしなければならないです。

それを人生の中で何回もやるには、お金と時間がかかり過ぎるので、多くの場合はマイホームを持つのは1回ですが、中には2回や3回など手に入れる人もいます。

ただでさえもマイホームを購入するのは高いものの、いったん購入をすることで、アパートやマンションのように家賃を支払う負担がなくなります。

しかも注文で建築をするのですから、家族にとって理想の家を建てて快適な暮らしをすることができるのも、セミオーダーやフルオーダーでの注文のメリットです。

 

家族のニーズを取り入れやすいです

できるだけマイホームのための頭金はたくさん準備をしておく方が、後からの住宅ローン返済が楽になりますから、注文住宅の場合も例外ではありません。

建売などと比べると多めに支払うことになるのは、それだけ注文でのマイホームが高いからですが、最初にできるだけ現金払いをしておくことに損はないです。

借入金の返済のための利息をその分だけ少なくできますし、住宅ローンを借りた後の返済する期間も、それだけ短くすることができます。

また返済金額が短いのであれば、今度は選べる住宅ローンの幅も広がりますので、全期間固定金利に縛られることなく、他にも変動金利に目を向けることも可能です。

建売住宅とは違い注文住宅の場合は、家の中の間取りはもちろんのこと、住まいの外側やあらゆる仕様に関しても、家族の意見を取り入れやすくなります。

広めのキッチンスペースにしたいとか、地震にも耐えられる耐震性のある住まいが良いとか、欧米風の外観にしたい理想も叶えることが可能です。

常識外れに無茶な注文をしない限りは、大体の理想は注文という形で叶えることができます。

フルオーダーにもなれば、他には同じスタイルの住まいはありませんので、本当に世界でたった1つだけのスタイルの家に住むことが可能です。

家族で暮らす住まいだからこそ、強いこだわりを持つのであれば、注文住宅はそれを実現することができます。

 

マイホームの形は人それぞれですから、マンション購入をする人もいれば建売を選ぶ人もいますし、セミオーダーやフルオーダーを選択することも可能です。

費用面が最もかかるのは注文住宅ですから、頭金も事前にそれなりの金額を準備しておかなければなりません。

それでも手に入れることのできる住まいは、他の住宅よりもずっと満足度が高いものになるのは間違いがないです。

自分たちの好みをリクエストできるので、自由に考えて形にできるため、理想通りのマイホームを手に入れることができます。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
注文住宅コラム