大阪府・奈良県エリアでおすすめの注文住宅業者(工務店・ハウスメーカー)をランキングで紹介!

注文住宅の外壁選びのポイント

注文住宅の外壁選びのポイント

 

 

注文住宅を建てる時には全てのパーツを自分の好きなものにすることが可能です。
自分で決められることのメリットは好きな見た目のものを選べるだけでなく、体に優しい素材を使ったり、耐久性のあるものを使ったりと素材やメンテナンスのことまで選べるところです。

 

 

 

雰囲気のある木製の外壁が人気上昇中

〇築年数によって変化する外壁が人気
外壁には長く使用しても見た目の変わらないものが使われることが多い傾向がありましたが、最近では経年変化を楽しむという人が増えてきています。
木製の外壁は木でできているため、色や質感が段々変化していきます。
そのため、最初の新しさを保つことはできませんが、変化を楽しむことができます。
注文住宅は建てる時の楽しみもありますが、その後に家の様子が変わっていくのを楽しめるように作るという家庭も多く、わざと変化をする素材を多用している家もあります。
最近では新品のものをわざと加工して古く味わいのあるものにするといった商品も増えてきていますが、それと同じようなことで外壁もただ新しくて綺麗な状態ではなく、味わいのあるものが好まれるようになってきており、木製の外壁の人気が高まってきています。

〇考え方次第でオリジナリティのある壁に
・木製の外壁は最初に塗料を塗っておけば、ある程度は色を保つことも可能です。
・木の色に似せた色の塗料を塗っておけば、色を塗り直すことで経年変化をしても新しく見せることもできます。
そういった意味では自由に色を変えられる万能の素材とも言えます。
・塗料を使わない場合にはオイルを塗ったりと、多少の手入れが必要になることもあります。
・木の種類によっては、ほとんどメンテナンスフリーの素材もあるので、自分の好みに合わせて木材を決める楽しみもあります。
・木製の外壁は素材によって価格も抑えられるものがあるので、予算が厳しいという場合でもおすすめです。

 

自然派の人に大人気の漆喰の外壁

建て売りの住宅などではコストを抑えるためにサイディングという素材を貼りつけるタイプの外壁が主流になってきていますが、自然派の人の間では昔ながらの漆喰の外壁も人気があります。
・漆喰は古い家に使われているというイメージがあると思いますが、日本では古くから使われてきた歴史のある素材です。
漆喰自体に湿気を吸う機能があるので、湿度の高い日本に適した素材だと言えるでしょう。
漆喰は以前は日本製のものばかりが使われていましたが、今では世界中で使われる素材になっており、海外製の漆喰も登場してきています。
海外製の漆喰の中には新しい質感のものも出てきており、洋風の家にもマッチします。
日本製の漆喰も色が選べるなど、昔の家というイメージ泣く使えるものが増えてきているので、おしゃれな家にもよく使われています。

〇漆喰の良いところ
経年変化を楽しめるところで、年月の経った漆喰の壁は他の素材ではあらわせない良い雰囲気があります。
・基本的にはメンテナンスがいらないところも魅力で雨だれの跡が気になる時には酸性の洗剤を使用すると綺麗になります。
・サイディングは定期的に張り替えるなどの費用がかかりますが、それに比べて漆喰はランニングコストがかかりにくいというメリットもあります。
漆喰の中にも色々な種類があるので、調べてみると気に入った素材が見つかると思います。

 

好きな色を使いたい場合の外壁選び

木製や漆喰の外壁は雰囲気は良いのですが、好みの色が見つからないことがあるという欠点があります。
木の色や漆喰の色ではなく、自分の好きな色にしたいという時にはガルバリウムなどの金属の板を使うという方法もあります。
金属と言っても塗装されているので、好きな色が選べますし、環境に優しく体への害もない素材です。

〇ガルバリウムの特徴
・ガルバリウムは赤や黄色などの原色から黒や白などの色まで揃っていますし、金属そのものの色にすることもできます。
・そしてなんといっても優れているところは全くメンテナンスが必要ないことです。
・汚れもつきにくいですし、耐久性があるので長期間張り替える必要もありません。
・そして価格も高くないということで、最近人気が上がってきている素材です。
・特にモダンな家にする人に人気があり、クールな雰囲気にできるということで、他の素材では出せない味わいが出せます。
今までモダンな人はコンクリートを選ぶことが多かったのですが、コンクリートは夏は暑く冬は寒いというデメリットがあります。
そのため、かっこよく仕上げた家は済みにくいというイメージが定着していましたが、そういった悩みを持つ人がガルバリウムを使うようになって快適に生活ができるという感想をあげています。

〇まとめ
注文住宅の外壁を決める時には見た目や価格だけでなく、素材の持つ特性やメンテナンスの必要性まで考えて選ぶと長く楽しめることができます。
外壁は家の顔ともいえる部分で毎日目にするので、しっかりと考えて自分のお気に入りのものを使用すると、家への愛着がより一層強くなります。
それぞれに良さがありますが、もちろんデメリットもあるので、どちらもよく知った上で選べば後悔がなくなるでしょう。
家族と相談してお気に入りの外壁を選んでください。

サイト内検索
大阪・奈良エリア注文住宅業者ランキング
株式会社ハウ・ツゥ・ライブ
一条工務店
スタイルハウス(谷上工務店)
アイ工務店
楓工務店
注文住宅コラム
注文住宅業者情報(その他)