大阪府・奈良県エリアでおすすめの注文住宅業者(工務店・ハウスメーカー)をランキングで紹介!

注文住宅の基礎工事とは?


更地にこれから住宅を建てようとするとき、どうしても建物の間取りなどに頭が行きやすいです。

間取りや設備も重要ですが、建物の土台がどうなっているかも考えなくてはいけません。

より安定した土台を用意した方が良いと言えるでしょう。

土地の状況によって地盤改良を行う

全国各地にはそれぞれ地名が付けられており、それぞれの地名がその名称になったのにはそれなりの由来があります。

伝統的な所だと由緒正しい地名が付けられることがありますが、それ以外に多いのがその地の特徴をそのまま地名にしたケースです。

地名に山が入っていれば何らかの山があったのでしょうし、丘が入っていれば丘陵地だったのかもしれません。

それ以外に結構あるのが水に関係する地名です。

水のあるところには住めませんが、かつて池や沼、川や水があった可能性があり、もしこれから注文住宅を建てようとする地名において水関係の文字が入っているなら、昔の資料などを確認してみましょう。

沼や池、その他水田などがあったのであれば、基礎工事の時に工夫が必要になってくるでしょう。

そのまま行うと、将来的に地盤沈下などが起きやすくなる可能性があるためです。

まず地質調査をして、現在の状況を確認し、前の所有者がすでに地盤改良を行っていれば改めて行う必要がないかもしれません。

地盤改良が必要な時は、事前にそのための工事を行ってもらうようにします。

本来は土地を購入する前に行う必要がありますが、売主が行ってくれないときは自分で行わないといけないときもあります。

地盤改良が必要な土地だとわかれば、その分を値引きしてもらうなどの交渉ができます。

購入後にわかったとしたら自分たちで負担しなければいけませんが、安心して住みたいなら行っておいた方が良いでしょう。

直接設置して建てるか杭を打ち込んで建てるか

水の上にある建造物として橋があります。

日本には世界最大と言われる海上のつり橋があり、非常に巨大な橋になっています。

非常に大きいので両方の陸地だけで支えることはできず、海上に支柱などを建てて橋を架ける仕組みになっています。

もしこの支柱が海底にただ設置されているだけだと、柔らかい海底の土にどんどんめり込んでしまうでしょう。

そうならないために海底の表面より深く杭を立て、固い地盤のところで支えられるようにしています。

これによって柔らかい土の上でもしっかり支柱は支えられることになります。

注文住宅を作る時には基礎工事から行うことになります。

どうしても建物の上の間取りが気になりがちですが、土台部分の対応を怠ると大変なことになります。

それなりに固い地盤の土地が表面にある時、直接コンクリートを設置して作っていきます。

固い地盤なので、地面が揺れたからと言って上に重いものがあっても傾いたりはしません。

表面に設置するだけなので、最低限のコンクリートなどだけで設置をすることができます。

一方地盤が緩い時はどうするかです。

地盤改良を行う方法もありますが、それ以外に杭を打ち込む方法があります。

海上橋梁同様に土地の奥深くまで杭を打って固い地盤のところまで到達させるようにします。

そしてその杭の上にコンクリートで作っていきます。

表面の地盤が緩くて地震で動いても、杭のある固い地盤が動かなければ建物への影響は少なくなります。

安全に住むことができます。

コストを考慮して土地に合わせて作る

建売住宅はすでに建てられた状態なので、購入してすぐに住むことができます。

しかし間取りの変更などはできません。

比較的安く購入できるときもありますが、自分たちの好みに合わないと住みにくくなるときもあるので注意が必要になります。

注文住宅はすでに所有している土地や土地を別途購入し、新たに住宅を建てて住宅を取得します。

つまりは更地の状態から住宅を作り上げていきます。

建築士や工務店と相談し、トータルコストを考慮しながら好みの機能を取り入れたり外したりして作っていく必要があります。

意外に忘れがちなのが基礎工事で、安易に考えていると後で困ることもあるので十分考える必要があるでしょう。

地盤が比較的固い所であれば地盤改良や杭を打つ必要はありません。

その土地の上に直接施工していきますが、施工の方法にはいくつかの種類があります。

べたと呼ばれる方法は、建物を建てる土地全般に施工する方法です。

当然ながらコンクリートや鉄筋などの材料費がかかります

面として建物を支えてくれるので、安心できる施工方法になるでしょう。

コスト的に安く済むのが独立と呼ばれる方法です。

縦に建てる柱の下のみに施工する方法になります。コンクリートなどは少なくなるのでコストは安くなります。

布と呼ばれる方法は布を使うわけではありません。

独立とべたの中間的な方法で、べたよりもコンクリートの量は少なく、独立よりも多く使います。

こちらは独立が点で支えるのに対し、布は線で支える方法と言えます。

土地の状態によっては固い地盤と緩い地盤があります。

硬いのであれば直接施工しても問題ありませんが、緩いなら地盤改良をおこなったり杭を打ったりしないといけません。

直接行う方法でも面、線、点で支える方法があります。

サイト内検索
大阪・奈良エリア注文住宅業者ランキング
株式会社ハウ・ツゥ・ライブ
一条工務店
スタイルハウス(谷上工務店)
アイ工務店
楓工務店
注文住宅コラム
注文住宅業者情報(その他)