奈良県エリアでおすすめの注文住宅業者(工務店・ハウスメーカー)をランキングで紹介!

注文住宅は子育てがしやすいような間取りにしよう

公開日:2019/02/01  最終更新日:2019/02/06

注文住宅では、比較的自由な間取りや購入する側の希望がある程度考慮される住宅となるため納得のいく住まいを手にすることもできます。

ですが購入時に納得のいく住まいであっても後々のことを考えずに間取りや収納など決めてしまうと子供がうまれる、子育ての段階でいろいろと困ってしまうこともでてきます。

この点なども考慮した間取りなど最初の段階できちんとしておくことで、後々のトラブルを回避しましょう。

 

家事のしやすい間取りにすることも大切です

生活をするうえで、家事は重要です。

特に子供がいる家庭で家事が手間取ってしまうと子育てなどもしにくくなってしまいストレスが溜まりやすい生活状況となりがちなため注意も必要といえます。

基本的に家事がしやすい状態が保てれば手間取ることもなく、その分子育てに時間がとれるため家事のしやすい間取りにしてみるというのも一つの方法です。

効率よく家事がこなせるような状態、また家事をこなしながら子供を見守れるような間取りというのが理想的といえるでしょう。

子供をそばにおいて見守るということができればいいですが、常にその状態を保てるとは限りません。

料理をしたり洗濯をしたりといろいろとやることが多いため、その間に子供のそばを離れてしまうケースもあります。

この状況で子供が一人でどのような行動をするか見やすい環境というのが重要です。

間取りが悪いと子供の様子がうかがえず、なんらかのトラブルが生じてもすぐに気づくことができないというような状況となるケースもでてきます。

見守りしやすい状況というのも考慮しながら、部屋の間取りなど最初の段階で決めておくと子供がうまれてから、子育てなどがスムーズにでき家事もこなしやすいためおすすめです。

 

子供が成長しやすい自由な発想も重要です

子供が小さいと子育ては大変というイメージもありますが、もっとも多感な時期でもあるため成長を促すということも必要になります。

その点から子供とともに暮らす住宅自体が子供の成長を促せるような空間であるということも重要だといえるでしょう。

庭がある住宅なら、公園までわざわざでなくても、自宅で遊べる点や子供の脳を刺激するという意味でも庭があることで自然に触れることにもなり庭で遊ぶことで体としても適度な運動になり、親としても近場で子供の面倒をみられるというメリットがあります。

この点からも庭があればいろいろと子供の成長につながる要素が詰まっているため、注文住宅として庭のある住宅というのも検討してみるというのも一つの方法です。

また子供がいれば、いろいろと物が入り用になります。

その点からも、収納などに関しても余裕がある住宅というのも重要なポイントといえます。

収納スペースが少ないと、物が散らかることにもなりきちんとした整理ができません。

定期的に整理整頓することが大切ですが、子育てでは収納スペースが少ないことで、徐々に室内が物であふれてきてしまう傾向もあります。

できるだけそのような状況を防ぐという意味でも収納スペースなどもきちんと確保した住宅も重要なポイントといえます。

 

自立を促すということも大切です

家族が集まり一家団欒という状況も大切ですが、ある程度子供に自立させる意識を持たせることも重要です。

そのための間取りとしてある程度子育てで子供が成長した時を考慮して一人部屋となるような間取りというのもいいでしょう。

ただし完全なる個室というよりも、うまく間取りで仕切るような形や収納などを工夫して可動式収納などを利用してみることで子供の一人でいられる空間を作るというのも一つの方法です。

注文住宅では、いろいろな点を考慮する必要がありますが、ある程度のスペースがあれば、そこを収納などによって区切ることでも間取りを変化させることもできるでしょう。

このように柔軟な対応ができるように、注文住宅では少し住宅のスペースを広く確保しておくことで、その後いろいろと応用がきく状態を作れるので、その点も考慮しながら間取りを決めるというのも有効な手段といえます。

夫婦の生活、そして子供の成長や自立をするという点など考慮しておき、注文住宅にするなら長年住み続けるというイメージを持ちながら先々にも対応できる住宅にしてみるということがもっとも大切なポイントといえます。

 

注文住宅にするなら、子供の成長、夫婦の生活などにおいてある程度の年数暮らしても問題が生じないように間取りなどもうまく決めていきましょう。

家族構成がかわれば、生活状況なども変化します。

家族が増える状況となっても対応できる住まいというのが理想的です。

先々のことも考えて住宅の間取りは決めていきましょう。

家族でよく相談し、どのような住宅が理想的か納得のいくまで話し合ってみることや決めたイメージを業者側にしっかりと伝えることも大切です。

どんなに理想的なイメージを家族が持ったとしても、業者側に伝わっていなければ納得のいく住宅にはなりません。

その点も考慮しながら、業者ともいろいろと話し合ってみる場を作ることも必要といえます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
注文住宅コラム