大阪府・奈良県エリアでおすすめの注文住宅業者(工務店・ハウスメーカー)をランキングで紹介!

注文住宅の坪単価が安くても家が安いとは限らない?

注文住宅を建てるときは業者を選択します。

業者を評価した資料などを見ながらどの業者がいいのか判断していかなくてはいけません。

予算があるときには価格も重要な要素になりますから、注意して情報を使うようにしましょう。

 

ハウスメーカーで使う値が異なる

住宅は非常に長く使うものでしかも非常に高い買い物になります。

希望としてはできるだけいい住宅をできるだけ安く買いたいでしょう。

住宅には土地と建物が必要なので、土地の価格をうんと安くすれば建物を良くしても総額を減らせるかもしれません。

土地が安いところとなるとそれなりに立地に問題が出てくるでしょうから、家自体は良くても暮らしにくくなる可能性が出てきます。

住宅を建てるときにはいろいろな悩みが付いて回りますが、注文住宅を建てるときに基準としてあるのが坪単価かも知れません。

各メーカーが提示しているときもあり、安いメーカーもあれば高いメーカーもあります。

工務店などの中には安いところもあるので、それらに依頼すると家を安く建てられると考えがちです。

同じ建物をそれぞれのメーカーで建ててもらったとき、必ずしも総額が安くならないときもあるので注意が必要です。

それはそもそも坪単価自体に計算の基準がないためです。

単純に考えると住宅の総額から延べ床面積を割って計算をします。

しかし業者によって住宅の総額に入れる項目が異なります。

重要になる基礎の部分のみの業者もあれば、水回りなどの設備を含めている業者、その他外構なども含めているところがあります。

当然含めている部分が少なければ単価は非常に低くなります。

でも住める住宅にするには設備や外構などが必要なのでプラスアルファが出てきます。

それぞれのメーカーが何を基準にして算出しているかを調べるといいでしょう。

 

床面積の変化で割高になる可能性

注文住宅を建てるときに重要になるのが業者の選択です。

一旦建て始めてから変更などはできません。

いかに最初にいい業者を見つけられるかがカギになります。

大手ハウスメーカーもあれば、中小のメーカー、そして地元の工務店など選択肢が多くあるのでしっかり悩むと良いでしょう。

業者選びでよく使うのが坪単価です。

予算があるのであればあまり高いところには依頼できません。

安いところに魅力を感じるときもあります。

そこで安いところに依頼をするときもあるでしょう。

注意したいのはそのまま住宅の価格に反映されるとは限らないところでしょう。

住宅にはそれぞれ基礎や柱、壁などの基本的な部分があります。

それ以外に水回りなどもあります。

水回りは大きな家でも小さな家でもそれなりに必要になります。

一方床や柱や壁は大きさに比例します。

水回りは設備であるがゆえ基本的な部分よりも高くなりがちで、床面積の小さい住宅は大きい住宅に比べると単価が割高になりがちです。

ある業者に依頼して単価が表示されていても、必ずしも床面積をかけた金額で収まらないときがあります。

それぞれの業者が出す数字は一つぐらいしかないので、単純にそれを元に計算すると高くなったり逆に割安になったりするときもあります。

どの業者で安く建てられるかは、希望の床面積の住宅を建てるときの見積もりを出してもらうしかないでしょう。

単価を出すときに使う面積よりも小さいと高くなる可能性があるので、注意した方がいいでしょう。

 

設備のグレードを上げればそれなりに上る

住宅会社では各社モデルハウスなどを保有しているときがあります。

それぞれの会社の敷地内に置いているときもあれば、いろいろなメーカーが見られる住宅展示場などもあります。

あくまでもモデルハウスなので、全く同じ住宅を建ててもらうこともできますし、いろいろなカスタマイズを加えることもできます。

壁材をどうしたいとか水回りの設備をどうしたいとかの希望ももちろん聞いてもらえます。

注文住宅を建てるときにメーカーを比較をするでしょうが、坪単価が安いところであれば安く建てられると考えるでしょう。

まずそれぞれの会社の算出方法が異なり、さらに算出するときの基準の設備なども異なります。

壁材や水回りの設備などにおいてどんなものを使っているかわかりませんが、標準的な設備を想定して計算しているのでしょう。

となると、その計算で使った設備よりもグレードが高い設備を希望すると、おのずと住宅の総額が高くなる可能性があります。

単価が安いからと業者を選んだものの、いざ自分の希望の水回りの設備などを選択していくと単価に床面積をかけた金額よりもオーバーしてしまうときがあります。

この時に標準的な設備を選択していれば、ある程度平均値で計算したものに近づくのでしょう。

メーカーによってはグレードの高い設備で平均を出しているところもあるでしょうから、一般的なグレードの設備を選ぶと逆に安くなるときもあります。

同じ設備を入れたとしたらどうなるかで比較する必要がありそうです。

 

注文住宅を建てる時には坪単価がどうなるかで業者を比較するときがあります。

実は各業者で算定の基準が異なるため、安いところの住宅の総額が安いわけではありません。

床面積が小さめの住宅は単価が高くなりがちになるので注意しましょう。

サイト内検索
注文住宅コラム